黒にんにくの特徴

黒にんにくは健康食品として少量で人体に大きな効果をもたらしてくれます。

黒にんにくは買う?作る?

黒にんにくの特徴

にんにくは、昔から風邪の予防や滋養強壮、夏バテ防止などに役立つと言われ、取り入れられてきました。

殺菌作用や抗菌作用もあるとされ、少量で大きな効果が期待できる優秀な野菜で、今では健康食品として広く取り扱われています。

この優秀なにんにくをさらに成分を高めて作られたのが、黒にんにくです。

黒にんにくは、にんにくのウィークポイントである臭いをほとんど無くし、いつでも誰でも食べられるということが一番の特徴です。

また、黒にんにくというのはにんにくを一週間ほど蒸し焼きにして熟成させたものなので、にんにくの成分がぎゅっと凝縮されているだけでなく、熟成されることで新たな成分も生成されています。

非常に高い効果が期待されており、一日1片摂取するだけで身体に大きな影響を与えてくれます。

黒にんにくの効果として一番期待されているのはがんの予防です。

黒にんにくには、にんにくが持つ作用をはるかに超える抗酸化作用があり、がんの予防だけでなく生活習慣病の予防、コレステロール値の正常化、血液サラサラ効果もあるので心臓疾患の予防にもなります。

また、強力な殺菌作用があり、食中毒の予防のほか、人体に悪影響を及ぼす菌のほとんどに効果があると言われています。

自分で手作りすることも可能ですが、手間がかかるために、にんにくや岡崎商店などの通販サイトを通して購入する人が大変多いようです。